JD1移動運用写真

写真をクリックしてください。              写真の転載はご遠慮ください。
東京港への帰途、年に一度だけ小笠原丸が八丈島へ寄港する。ここから羽田へ飛んだ。 地元局・大野さんが遊びに来られた。50メガでのアクティブ運用のベテラン局。
jd101_thumb_1.jpg jd102_thumb_1.jpg
当時の小笠原丸は3500トンの船だった。下見をいれて二往復、4000キロの船旅だった。 急傾斜地に立つ28エレ4列2段のアンテナ。こんなところにどうやってビッグアンテナをたてたのでしょうか。
jd103_thumb_1.jpg jd104_thumb_1.jpg
バナナ畑を抜けて毎日通った小道。荷物を担いで歩いた、苦しい思い出の道だった。 強い紫外線に焼けたテントのフライングシート。全山イエシロアリの巣窟だった。
jd105_thumb_1.jpg jd106_thumb_1.jpg
三日月山の展望台の遠景。運用地は写真の左手の中腹になる。 みごとな夕焼け、翌日24日にビッグオープン。快晴続きの真夏日の毎日だった。
jd107_thumb_1.jpg jd108_thumb_1.jpg
八丈島の中継局のアンテナ。16日初めての交信は霧の中だった。小笠原からの信号に「万歳!!」 JK1JPF局以下4局、交信成立に大満足。小笠原からの信号のみごとな中継、乾杯、乾杯だった。
jd109_thumb_1.jpg jd110_thumb_1.jpg